WordPress

【誰でもかんたん】自作アイキャッチ!読まれるブログのテクニック!

自作アイキャッチ!読まれるブログのテクニック!

アイキャッチ画像書いた記事をたくさんの人に読んでもらう為に重要

アイキャッチ画像ひとつで、その記事への反応や誘致率は良くも悪くも変わってきます。

出来るだけ記事の内容に合ったデザインのアイキャッチ画像を用意したいところですが、

  • 記事を書くだけでも大変なのに、アイキャッチ画像にまで作成時間をかけてられない

といった、なんとなくそれっぽいイメージのフリー画像を挿し込んでおく。方も多いのではないかと思います。

そんな方の為に、この記事では下記の内容を解説していきたいとおもいます。

この記事は、PVを増やす為のアイキャッチ画像を「早く、手軽に、簡単に」作ることが出来る様にまとめてあります。

参考にしてみて下さい。

ブログのアイキャッチはどうして重要なの?

自作アイキャッチ!読まれるブログのテクニック!

ブログ運営をしている方であれば、PV数を上げるためにいろいろなSEO対策を行ったりSNSを使った宣伝・発信などをしていると思います。

ブログの記事の入り口としてタイトル文がありますが、必ずと言って良いほど同時にアイキャッチ画像が目に入ります。

むしろアイキャッチ画像の方が記事の内容をイメージしやすく、ユーザーの中にはアイキャッチのデザインや文字内容でその記事を読むか読まないか決める方もいます。

タイトルも重要ですが、それと同じくらいアイキャッチ画像のデザイン、文字列は重要です。

ですが、実際にどういったケースで表示され、何が重要で必要なポイントがわからなければ良いアイキャッチを作成することはできないでしょう。

ここからはアイキャッチの重要性について具体的に記載していきます。

  • アイキャッチ方向性の統一でまとまりのある見た目に
  • Google画像検索で表示される
  • SNSの投稿などで表示される
  • アイキャッチで読者を引き込む

アイキャッチ方向性の統一でまとまりのある見た目に

アイキャッチはブログトップにも一覧表示されることが多いので、見た目の統一感演出の大部分を占めています。

見た目のアンバランスな統一感のないデザインのブログは、ユーザーが記事を探しづらい、読みづらい、で嫌がられやすいです。

デザインを統一したブログは、しっかり手入れがされている印象で、記事の信憑性にも良影響するでしょう。あなたのブログのファンユーザーであれば、デザインを見るだけですぐにあなたのブログだと分かってくれます。

この中で特にアイキャッチのデザインをカテゴリごとに統一する事で、見てすぐに同じカテゴリである事がユーザーにアピールできます。

  • 統一感のないバラバラなデザイン
  • 見難い色使い
  • アイキャッチが見辛い、どころか設置すらされていない

Google画像検索でもアイキャッチ画像は表示される

Google画像検索を利用すると、検索ワードに沿ったアイキャッチが一度にたくさん表示されます。

自作アイキャッチ!読まれるブログのテクニック!

ここでは当然アイキャッチ画像が目立っており、アイキャッチを見てからタイトル文を読み、興味があれば記事へ飛ぶ、といった流れになるでしょう。

つまり「Google画像検索」での表示映え、見やすさ分かりやすさは、記事へのリンク、誘致に大きく影響します。

 

  • 「Google画像検索」の検索で分かりやすい、見やすいアイキャッチ画像はサイトへの誘致に影響する

各SNSリンク時もアイキャッチ画像が表示される

また、Google検索のみではなく、SNSの発信でもアイキャッチはとても重要になります。

SNSにはURLを記載するとリンク先のアイキャッチ画像を表示してくれる機能があるのですが、

設定していない場合はそのSNSのデフォルト画像になるか画像無しの表示になりますが、アイキャッチを設定してあると自動で縮小表示され、非常に見映えが良くなり、SNSでの拡散され易くなります。

例えばTwitterのリンク時は下の様に表示されます。

自作アイキャッチ!読まれるブログのテクニック!

赤枠で囲った部分に画像が入っていますが、見やすく、一目でツイッター関係のサイトだと分かりやすいですね。

アイキャッチ画像を入れると各機能での表示時にも目立ち易くなり、シェア率も上がります。

アイキャッチ画像でユーザーを取り込む

あなたのブログをユーザーがSNSでシェアしてくれて、そのシェアした投稿にはあなたのブログのアイキャッチ画像とタイトルが表示されます。

この時、見易く記事イメージが沸くアイキャッチであれば、SNSでの拡散数も上がり、あなたのブログ読んでくれる可能性も高くなるでしょう。

誰もが経験していると思うのですが、パッケージの見た目で商品を買ってしまうという、よくある心理です。

ブログのアイキャッチ画像にも同じ効果が期待できます。

ユーザーに記事を読んでもらいPVを増やしたいなら、アイキャッチは重要な役割を担っています。

読まれるブログアイキャッチかんたん作成ツール

自作アイキャッチ!読まれるブログのテクニック!

この章では、実際にブログのアイキャッチ作成を楽にしてくれるツールを紹介していきます。

ブログのアイキャッチ画像を作るなら、専用のソフトウェアやツールサイトに登録をした方が便利で捗るのですが、有料になってしまうため敷居が高いです。

まずは無料で利用できるツールを使ってデザインしてみましょう。

  • Canva
  • Google スライド
  • Pixlr Editor
  • Keynote
  • Photoshop
  • Illustrator
  • PowerPoint

上記のサイトやサービスなら基本無料で(一部有料も入ってます)アイキャッチ画像の作成ができます。

中でもCanvaはブラウザからすべての作業ができる為、素早く検索、反映、保存が可能で、とても使いやすくおすすめです。

思ったイメージの組み合わせでデザインの自由度が高いです。修正楽。

下記に各ツールの特徴も入れて紹介していきます。

Canva

自作アイキャッチ!読まれるブログのテクニック!Cn

「Canva(キャンバ)」は、

数多くのデザイン素材を使って、すばやく簡単にアイキャッチ画像を作成できる無料サービス

です。

上記でも少し触れましたが、一番おすすめです。

Canva」のイイ所

  • ブラウザ上で編集・保存できる
  • シンプルで操作が簡単
  • 豊富なフリー素材が利用できる
  • モバイルでも利用できる
  • 無料!

最大の理由はなんといっても、

「ブラウザ上で全ての作業が完結できる」

これです。

ブラウザの「WordPressタブ」でブログを書きつつ、隣の「Canvaタブ」でサクッとアイキャッチ作成。

もちろん、こだわった画像や動画を作成する時は専用ソフトを立ち上げて使いますが、

ブログのアイキャッチ作成に関しては、

新規素材も選べて、過去の作成データや素材の履歴が一発で出てくるCanvaが圧勝

です。

アイキャッチ作成で良く使う機能や素材は、無料アカウントだけ充分ですが、

各素材を加工したかったり、もっとこだわった素材が使いたい場合は、有料プランに加入すれば全機能が使えるようになります。

Web上で編集・保存可能

「Canva」公式

あふ太

このブログのアイキャッチは全部Canvaで作成してるよ!

無料版でもかなりの機能がつかえるから試してみてね!

Google スライド

自作アイキャッチ!読まれるブログのテクニック!Cn2

Google スライドは、Googleアカウントがあればすぐに利用可能で、下記でも紹介するPowerPointのWEB版に近く、プレゼン用スライド作成に長けたツールです。

Web上で編集・保存可能

「Google スライド」公式

Pixlr Editor

自作アイキャッチ!読まれるブログのテクニック!Cn3

Pixlr Editor「ピクセラエディター」はオートデスク社が提供する無料のツールです。

無料ですが、画像のサイズ変更や明度調整、レイヤー、フィルター、ブラシや塗りつぶしといったイラスト作成機能も使えます。

「ピクセラエディター」公式

Photoshop

自作アイキャッチ!読まれるブログのテクニック!p

Photoshop 「 フォトショップ 」 はAdobe社の提供しているペイントツールです。

こちらは有償ですが、ラスタ画像処理に関して他のソフトで出来ることはほぼすべてできると言っても良いでしょう。(リアルな写真加工等が得意です)

ですが、多機能である為、すぐに操作に慣れるといったことが難しく、使いこなすまでには相当な時間がかかります。

「 Photoshop 」公式

あふ太

ちょっと専門的だけど、写真加工に関しては最強のツールだよ!

Illustrator

自作アイキャッチ!読まれるブログのテクニック!p

Illustrator 「 イラストレーター 」 もAdobe社の提供しているツールです。

こちらはイラスト作成に強く、ベクタ画像の扱いが可能なツールです。(拡大しても画像オブジェクトのフチが荒くならないデータ処理。イラストロゴ作成等向き)

こちらも有償ソフトとなりますが、Photoshopと同じく多機能で操作が難しいです。

慣れれば非常に高クオリティのアイキャッチ画像を作ることが出来るでしょう。

「 Illustrator 」公式

あふ太

これもちょっと専門的で、イラストに関して最強のツール!

ぼくは上のPhotoshopと併用することが多いよ!

Keynote

自作アイキャッチ!読まれるブログのテクニック!Cn4

Keynote「キーノート」は、Apple社 Macシリーズに最初から入っているツールです。

機能は下記の PowerPoint と同じです。

「Keynote」公式

PowerPoint

自作アイキャッチ!読まれるブログのテクニック!Cn5

PowerPoint「パワーポイント」は、Microsoft社が提供しているツールで、有料ですが、WEB版からの利用であれば無料で使うことができます。

Google スライドと同じくプレゼン用スライド作成に長けており、各資料作成に良く使われています。

「PowerPoint」公式

アイキャッチ作成に便利なフリー画像素材集

自作アイキャッチ!読まれるブログのテクニック!

良いアイキャッチ作成には内容に合っている画像を選ぶことが重要です。

ここではアイキャッチ作成に使える便利なフリー画像・ フリー 素材集をまとめました。

フリー素材サイトといってもかなりの数が存在していますが、その中でも検索が簡単で使いやすいサイトを選んでみました。

  • O-DAN
  • Pixabay
  • 写真AC(photoAC)
  • ぱくたそ
  • FLAT ICON DESIGN
  • ICOOON MONO
  • HUMAN PICTOGRAM2.0

O-DAN

O-DAN は、フリー写真やフリーイラストの検索が楽で、大抵の画像はここで用は済んでしまうのではないかと思います。

Pixabay

Pixabayも大量の高画質写真やイラストがダウンロードできます。

日本語対応なので使いやすいです。

写真AC(photoAC)

写真ACは、動物、人物、風景、小物など、多ジャンルの写真画像がダウンロードできるサイトです。

素材は商用利用可能です。

ぱくたそ

ぱくたそは、サイトオリジナルの画像をフリーでダウンロードすることが出来ます。

ここでしか手に入らない面白い画像がたくさんあります。

FLAT ICON DESIGN

FLAT ICON DESIGNは、カラーイラストの無料アイコンが利用できます。

アイコンイラストを探すならここを見てみるといいでしょう。

ICOOON MONO

ICOOON MONOは、白黒のイラストアイコンが無料で利用できるサイトです。

選択でカラー変更が可能で、シンプルなワンポイントイラストを探すときには非常に重宝します。

HUMAN PICTOGRAM2.0

HUMAN PICTOGRAM2.0「ヒューマンピクトグラム2.0」は、「非常口」で良く見る「あの人」をテーマにした画像をダウンロードできます。

カラー変更はできませんがかなりの数量の面白いイラストがあります。

ブログアイキャッチ作成時に気を付ける事

自作アイキャッチ!読まれるブログのテクニック!

アイキャッチ画像の重要さは、ここまで読んで下さった方なら十分に分かって頂けたと思います。

この章ではアイキャッチ作成時に特に気を付けて欲しいことをまとめていきます。

アイキャッチに使う画像素材はブログの内容に合ったものを

アイキャッチ作成において、どんな画像を使用するかです。

上記で紹介したサイトで、出来るだけブログの内容がイメージし易い関連画像を選んでいきましょう。

各SNSアイキャッチ画像サイズの確認方法

アイキャッチ画像がSNSでブログがシェアされたときに表示されることは上記で触れましたが、実際は各サイトの表示サイズに「切り取られて」表示されます。

SNSサイズ
LINE横 630px * 縦 630px
はてなブックマーク横1200px * 縦840px
Facebook横195px * 縦374px
TwitterSummary Card with Large Image(大画像):横314px * 縦600px
Summary Card(小画像):横144px * 縦144px

アイキャッチ画像のサイズは自由で良いのですが、各SNSによって切り取り表示されるサイズは異なります。

特にTwitterのSummary Card「小画像」では文字が途切れたり、欠けたりする可能性が高いので要注意です。

NG例 見切れたアイキャッチ画像イメージ

自作アイキャッチ!読まれるブログのテクニック!

アイキャッチをようやく作成したのに、いざ投稿してみるとアイキャッチ画像が見切れてしまう、、、

文字がちゃんと読めないのでパッと見で伝わりにくく、せっかくのアイキャッチ画像の役割が半減してしまいます。

これを防ぐ為に、各SNSのアイキャッチサイズを知っておいた方が良いのですが、一回一回サイズ確認までしていたら大変なロスになります。

そこで簡単に表示チェックのできるサイトツールがあります。

このサイトを使うことで、下記の各SNSでどういった表示になるかを一度で確認することが出来、非常に楽になります。便利!

 

  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • はてな・ライブドアブログのサムネイル画像

アイキャッチサイズの表示確認は上記でできますが、最初からある程度サイズと位置を把握しておき、読者に見てほしい要素はできる限り中央に寄せるようにしましょう。

アイキャッチ画像は文字強調と文字色に注意

アイキャッチ画像に記載する文字はハッキリと読みやすい色合いにしましょう。

NG例 文字が背景色とかぶっていて見難い

自作アイキャッチ!読まれるブログのテクニック!

背景色にもよりますが、黒背景部分に黒の文字。これでは全く目立ちません。

サイズが小さく表示される場合はなおさら目立たなくなります。

OK例 文字が明るい

自作アイキャッチ!読まれるブログのテクニック!

文字色を反対の白へ変更しバックエフェクトに黒影を入れてみます。

これならかなりハッキリしますが、全体がモノトーン色なのでまだ目立ちにくいですね。

文字をカラーに変更してみます。

OK例 文字の背景を暗く処理し、文字自体も発光エフェクトをかけ色を付けた

自作アイキャッチ!読まれるブログのテクニック!

カラーに変更して+ネオン処理、かなり目立つようになりました!

背景にも枠を挟んで透過処理をしてあります。

あふ太

このブログのアイキャッチはほぼ全部Canvaでつくってるよ!

無料版でもかなりの機能が使えるから試してみてね!

「Canva」公式

アイキャッチ作成時のカラー選択について

アイキャッチ画像で目を引くために目立たせるのは重要ですが、あまりにも奇抜で見ていて気持ちの良くない色合いは避けましょう。

ブログジャンルや記事の趣旨、コンテンツの内容に沿った色合いの中で、アイキャッチのデザインを決めていきます。

まず、色の印象は、色相、明度、彩度と、3つの要素で構成されています。

何かを伝える為にあるアイキャッチ画像では、この3要素の組み合わせで目立つ色を選択します。

自作アイキャッチ!読まれるブログのテクニック!

補色とは上の図で「正反対に位置する色の組合せ」です。補色関係の色を並べてみるとハッキリした派手なデザインを作りやすいのでワンポイントで補色を入れ、アクセントとして利用されることが多いです。


類似色はその名の通り、「両隣の似ている色の組み合わせ」です。似ている色同士を使うと、統一感を出すことが出来ます。

明度は色の明るさで、こちらの数値が上がるほど光を当てたように白くなっていきます。暗い背景をまず用意し、明るい文字を組み合わせれば明度の差で文字のをより強調出来るようになります。

彩度とは、その色の鮮やかさです。明度と同じで、背景と文字の彩度の差を利用して目立たせることが出来ます。

NG例 近似色のアイキャッチ画像

自作アイキャッチ!読まれるブログのテクニック!

OK例 補色を利用したアイキャッチ画像

自作アイキャッチ!読まれるブログのテクニック!

OK例  明暗と白黒の差で強調したアイキャッチ画像

自作アイキャッチ!読まれるブログのテクニック!

補色関係が上手に使えると、デザインの選択幅も一気に増えます。

アイキャッチ作成に慣れてないうちは明暗差を上手に利用して作成してみましょう。

また、どの色の組み合わせが良いのか判断してくれるサイトツールも無料で利用可能です。

自作アイキャッチ!読まれるブログのテクニック!

これはAdobe ColorというAdobe社のツールですが、カラー指定をすると自動で目的別にカラー提案をしてくれるというスグレモノです。

アイキャッチ画像は記事投稿後も確認しよう

アイキャッチ画像を入れた記事の投稿が終わったら、記事の確認をするように心がけてみてください。

案外ミスタイプしていたり、修正前の画像をUPしていたりが多いことに気が付くと思いますので、すぐに修正するようにしましょう。

記事のメンテナンスや追記時にも修正できますので、古くなった記事のアイキャッチ画像もチェックする癖をつけてみるといいです。

【誰でもかんたん】自作アイキャッチ!読まれるブログのテクニック!まとめ

アイキャッチのブログでの重要さは伝わりましたでしょうか。

アイキャッチ、、、なんとなく分かってはいたけど、文字ライティングとデザインは別のカテゴリなのでなかなか手が出せずにいた人も多いんじゃないかと思います。

まずは「アイキャッチ作成をこまめにする癖をつける」切っ掛けから、

アイキャッチ作成に慣れてきたら、魅力的なデザイン、色使い、さらに早く作れるようになる(この投稿のアイキャッチ程度ならCanvaで一枚3分程度です)と思います。

あなたのブログが品質UPするように練習してみてください。

ブログについてもっと知りたい、始め方が分からない人へ!

あふ太

「あふたろぐ」では「初心者でも分かりやすいブログの始め方・運営方法」を紹介してるよ!

ブログを始めてみたい!ブログ運営の全体像を知りたい人はコチラ!

あふ太

WordPressブログを実際に始めたい人向けの、おすすめの開設方法はコチラ!

ブログを始めようTOPへ

-WordPress
-, ,